Natural*tone

奥穂高岳からの眺め

d0113164_22553578.jpg
d0113164_22554839.jpg

太陽が昇った後、奥穂高岳山頂へ向かいました。
山荘から一気に高度を上げ、1時間ほど歩けば3,190mの世界へ。
見渡す限りの大展望でした。
1枚目の右に見える変わった形の岩壁は、ジャンダルム。
ジャンダルムとはフランス語で「護衛兵」という意味だそうでとてもとても険しい岩壁です。
ジャンダルムから西穂高岳は国内最難関と言われるエキスパートルートが続いていて
とてもとても危険そうです。それでも何人かの人が向かっていて、望遠で覗くと山頂に
人がいるのが見えました。中央に見えるのは、焼岳。そして乗鞍岳、御嶽山へと続き、
麓には上高地を見下ろすことができました。
2枚目は槍ヶ岳へと続く、一般ルートでは最難関の大キレットを含む稜線が見えました。
そして黒部源流の山々、立山、剱岳まではっきりと望むことができました。
[PR]
by naturaltone | 2007-09-03 23:07 | 山岳:夏