Natural*tone

自然の流れを用いられた兼六園の水

d0113164_22303986.jpg
d0113164_22305275.jpg

兼六園を流れる水は全て、加賀百万石前田家時代に作られた辰巳用水を流れてくる
「おとこ川」と呼ばれる犀川から流れてくる自然の水だそうです。
現代の公園ではほとんどポンプによる揚水により水を流しているそうですが、
この自然の流れを用いているところに兼六園の価値があるそうです。
この清々しい流れを見ていると、残暑の蒸し暑さも忘れ涼しくなりました。
[PR]
by naturaltone | 2007-09-10 22:37 | 清流