Natural*tone

カテゴリ:山岳:秋( 58 )

色が失われてゆく時間

d0113164_828127.jpg

陽が落ちて、色が少しずつ失われてゆく時間。
そしてこの時間になるといつも必ずさえずる鳥がいました。
[PR]
by naturaltone | 2008-10-01 08:31 | 山岳:秋

霜化粧の朝

d0113164_23251197.jpg

早くも色づいた2枚の葉が仲良く並んでいました。
そしてまだ緑一色の葉たちがやさしくまわりを取り囲んでいるようにして、
とても寒かったけれど見ているとあたたかくなるような霜化粧の朝でした。
[PR]
by naturaltone | 2008-09-29 23:23 | 山岳:秋

1日の終わりを告げる太陽

d0113164_22404272.jpg

雲海の中に沈んでゆく太陽は、
少しずつ姿を変えながらゆっくりと1日の終わりを告げていました。
[PR]
by naturaltone | 2008-09-28 22:42 | 山岳:秋

果てしなく続く雲海

d0113164_0443091.jpg

どこまでもどこまでも果てしなく続いているような雲の海。
陽が陰り始めると、海全体があたたかい色で染まり出しました。
[PR]
by naturaltone | 2008-09-26 00:50 | 山岳:秋

鏡のような美しさ

d0113164_9444770.jpg

朝目が覚めると綺麗に晴れ渡った空、そして
丁寧に磨かれたような美しい湖面に映った姿が
あまりにも美しくて感動しました。
[PR]
by naturaltone | 2008-09-25 09:51 | 山岳:秋

湿原が造り出す造形

d0113164_9122149.jpg

平ノ池付近には、いくつもの池塘がありました。
陽が昇る頃、湿原が造り出す造形に少しずつ色が加わり
不思議な模様が浮かび上がってきました。
[PR]
by naturaltone | 2008-09-19 09:11 | 山岳:秋

裏剱への長い旅

d0113164_17485960.jpg

剱沢から裏剱へと周り込む長い長い旅。
目的は、この裏剱の景観でした。
仙人池は昼間にしか訪れることができませんでしたが
この次は是非のんびりと、ここで一日を過ごしてみたいと思いました。
[PR]
by naturaltone | 2008-09-18 17:45 | 山岳:秋

山々からあらわれた不思議な形の雲

d0113164_2191232.jpg
d0113164_2192115.jpg

帰り道の八方のゴンドラへ向かう途中で後ろを振り返ると、
山々の上空に不思議な形の雲があらわれていました。
たった今歩いてきた道、そしてその向こうに青空をバックに広がる山々と雲。
八方尾根と呼ばれるこの辺りは、地層の関係から植物の逆転現象が起きているとのこと。
実際は標高の高いところに生息するハイマツなどの樹木、そして高山植物たちが
この八方池周辺で見られるようです。
この次はお花の綺麗な時期に訪れたいと思いました。
[PR]
by naturaltone | 2007-11-05 21:20 | 山岳:秋

八方池に映る白馬三山

d0113164_22103447.jpg
d0113164_22111919.jpg

澄み切った青空の中、真っ白な白馬三山が堂々と立ち並んでいて
そしてほとんど無風状態だったため、八方池に綺麗に映っていました。
右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳です。
八方尾根スキー場からゴンドラやリフトを乗り継いで
1時間ほどのトレッキングでこの眺めを見られるので、
とても多くの人たちで賑わっていました。
[PR]
by naturaltone | 2007-11-04 22:21 | 山岳:秋

日の出直前と直後の剱岳

d0113164_21574655.jpg
d0113164_21575812.jpg

太陽が昇る直前と直後の剱岳です。
1枚目と2枚目の時間差はほんの7分ほどでした。
山頂に当たった光、そして空の色がみるみるうちに変化してゆきました。
[PR]
by naturaltone | 2007-11-03 22:04 | 山岳:秋