Natural*tone

カテゴリ:山岳:秋( 58 )

海の中に浮かぶ島のような山々

d0113164_23554383.jpg
d0113164_23555562.jpg

夜明け前の雲海です。
海のように広がる雲海、山々が海の中に浮かぶ島のように見えました。
手前の池は八方池です。この辺りはまだ雪は積もっていませんでした。
[PR]
by naturaltone | 2007-11-02 00:03 | 山岳:秋

月明かりの中の星空

d0113164_23561399.jpg
d0113164_8514293.jpg

雲ひとつない快晴でしたので、星空撮影が楽しみでした。
山頂からは白馬方面や富山方面の夜景の明かりが少しずつ見え始めました。
でも陽が落ちると同時に風が強くなってきて気温も下がり雪が凍り始めて、
そして暗くなるごとに少しずつ心細くなってきて・・。
そこで山頂から少し下り、山荘近くまで戻って風があまり来ないところで
のんびりとお味噌汁を作りながら星空撮影に挑戦しました。
でも月明かりがまぶしくて昼間のような写真になってしまいました。
これは明るさ補正をしたものです。
[PR]
by naturaltone | 2007-11-01 00:07 | 山岳:秋

剱岳に沈む夕陽

d0113164_06339.jpg

剱岳の独特の険しい尾根、そしてその横に沈む夕陽。
オレンジ色に染まった空がホッとするような暖かな色で、
一日の終わりの最後の輝きがとても眩しくて綺麗でした。
[PR]
by naturaltone | 2007-10-31 00:05 | 山岳:秋

日没後の五竜岳

d0113164_983275.jpg

陽が沈んだ直後の、お隣に聳える五竜岳です。
この時間帯は空があっという間に暗くなってゆくけれど
まだほんのりと残った明かりの中に浮かび上がる姿がとても綺麗です。
すぐ右に、槍・穂高連峰が遠くに見えます。
森林限界より上部にしっかりと雪が積もっていますが
樹木が立つ暗い部分もよく見ると根元に積もった雪が見え、
そのおかげで山肌の質感がよく分かります。
[PR]
by naturaltone | 2007-10-30 09:25 | 山岳:秋

夕靄の剱岳と立山連峰

d0113164_230480.jpg
d0113164_2301445.jpg

唐松岳山荘から山頂までは20分から30分ほどで着きました。
黒部峡谷を挟んだ向こうに剱岳と立山連峰が聳え立ち、
立ち込める夕靄と、ある一定の高さから上に積もった新雪とが
太陽を背にシルエットとなった山々に映えてとても幻想的でした。
モノトーンの世界がとても綺麗でした。
[PR]
by naturaltone | 2007-10-29 23:09 | 山岳:秋

唐松岳から続く不帰嶮の険しい峰々

d0113164_21502054.jpg
d0113164_21502991.jpg

八方尾根を歩いていると少しずつ雪の量が増えてきました。
でもお天気が良かったので雪が解け始め、凍っているところはほとんどなく
安心して歩くことができました。
真っ青な青空、真っ白な新雪、そして険しい岩壁には雪が積もることなく
迫力ある黒い岩壁がそそり立っていました。
1枚目:真ん中の三角の頂がこれから目指す唐松岳です。
2枚目:唐松岳から白馬岳へと続く、不帰嶮(かえらずのけん)の
左から三峰、二峰、一峰、エキスパートルートになります。
[PR]
by naturaltone | 2007-10-28 22:03 | 山岳:秋

落葉後も実が残るナナカマド

d0113164_23262418.jpg

秋になると真っ赤に紅葉するナナカマド。
まだ葉が赤く染まる前から実が赤に熟して緑の葉と赤い実が対照的で綺麗ですが、
落葉後も実だけが枝に残るようです。
この辺りはダケカンバなどほとんどの木が落葉してしまっていましたが、
可愛らしい実を付けたナナカマドはとても賑やかでした。
[PR]
by naturaltone | 2007-10-27 23:39 | 山岳:秋

凍てつく寒さの中のご来光

d0113164_19413215.jpg

山旅から無事帰ってきました。
歩いていると標高が上がるにつれて景色が秋から冬へと移り変わり、
黒くて険しい岩壁に新雪が積もって雪化粧した山々が綺麗でした。
天候によってはとても厳しくなる季節ですが、幸運にも2日間とも
良いお天気に恵まれました。
ご来光の1時間前に山荘を出発、凍てつく寒さの中、まだ真っ暗で道が凍っていて
とても心細かったのですが、勇気を出してアイゼンをきかせながら山頂まで歩きました。
陽が昇った瞬間、新雪に太陽の光が映えて真っ赤に染まり出しました。
[PR]
by naturaltone | 2007-10-26 19:40 | 山岳:秋

槍平からの穂高連峰

d0113164_16452054.jpg

槍平から眺めた穂高連峰です。午後の日差しの中とても綺麗でした。
つい先程まであの高さの稜線にいたのが信じられない気持ち、
でものんびりとこの景色を眺める時間はありませんでした・・。
下山ルートの中間地点の槍平、お昼頃にと思っていたのですが着いたのは13時半。
急がないと日没までに新穂高の駐車場に辿り着くことができません。
3日間の疲れがピーク、最後の林道は背後から森の暗闇に追いかけられるように
暗闇の怖さに焦りながら足を引きずるようにして、でも駆け足で降りてきました。
新穂高温泉の明かりが見えたときはホッとしました。長い旅が無事終わりました。
[PR]
by naturaltone | 2007-10-20 16:56 | 山岳:秋

大喰岳(おおばみだけ)からの眺め

d0113164_1230168.jpg
d0113164_12301154.jpg

ご来光を眺めた後、槍ヶ岳山荘名物の焼き立てパンを手に入れて
お隣の大喰岳(おおばみだけ)までお散歩に行きました。
往復1時間かかりますが、この山から眺めた槍ヶ岳の姿がとても好きです。
2枚目はテント場からの日の出直後の大喰岳です。
(この中に我が家も写っています)
[PR]
by naturaltone | 2007-10-18 12:33 | 山岳:秋