Natural*tone

カテゴリ:海( 10 )

切り立った岩壁

d0113164_2330693.jpg

越前海岸の地形は、波の浸食と地震による隆起の繰り返しによって
できあがったものだそうです。切り立った岩壁を見上げると
この荒々しい地形にも植物が生息し生命力を感じました。
[PR]
by naturaltone | 2007-12-29 23:37 |

蒼の海を見下ろす木

d0113164_18262259.jpg

蒼い海を背景に立つ1本の松の木。
交互にねじれたような樹形がとても印象的でした。
広大な海を見下ろして、岩壁の上に堂々と立っていました。
[PR]
by naturaltone | 2007-12-28 18:29 |

冬の越前海岸の荒波

d0113164_23415342.jpg

冬の日本海の荒波、激しく波が打ち付けていました。
これから本格的な冬が到来すると更に激しくなりそうです。
海の色が独特の蒼い色、場所によって蒼の色が異なり不思議でした。
夏はダイバーが潜るこの海岸ですが、今のこの季節の海の中は
どのようになっているのか見てみたいです。
[PR]
by naturaltone | 2007-12-27 23:49 |

岩に打ち付ける波

d0113164_23224071.jpg

太陽が沈んでゆくまでの間、波飛沫をのんびりと眺めて待っていました。
岩に打ち付ける波が激しくて、あともう一ヶ月も経てば
荒々しい冬の日本海になりそうです。
[PR]
by naturaltone | 2007-11-08 23:44 |

日没後の蒼い海

d0113164_22513031.jpg

太陽が沈んだ後、ブルー一色の世界になりました。
海の色が深くて濃い蒼になり、岩に打ち付ける波が迫力を増してきました。
[PR]
by naturaltone | 2007-11-07 22:53 |

水平線に沈む真っ赤な太陽

d0113164_22523084.jpg
d0113164_22522122.jpg

加賀の加佐岬、7月に訪れた時は時間帯は昼間でしたので
いつかゆっくりと夕陽の時間に訪れたいと思っていました。
真っ赤な太陽が水平線に沈んでゆくのを見ることができました。
水平線に沈む太陽を見ることができる日は限られます。
雲ひとつない快晴のとても天気が良い日、今日こそは!と思い海まで行ってみても
大抵海の上に雲がかかったりして見ることができません。
この日は随分と久しぶりに水平線に沈む瞬間を見ることができました。
[PR]
by naturaltone | 2007-11-06 22:56 |

海に浮かぶ奇岩たち

d0113164_2347198.jpg
d0113164_23473014.jpg

海の中に変わった形の岩のオブジェがありました。
どのようにしてこのような形の岩が作られていったのでしょう?
もともとは手前の岩と繋がっていたのかな?
それからこの岩を形作っている土に、植物が生息していました。
よく見るとお花が咲いているみたい・・・?
[PR]
by naturaltone | 2007-07-11 23:50 |

日本海に大きく突き出した加佐岬

d0113164_2381649.jpg
d0113164_238289.jpg

加賀の加佐岬へ行ってきました。
近くの東尋坊とはまた違った雰囲気の岩盤で、岩の質が違うためかやわらかい
イメージがあります。でも足元を見下ろすと切り立った崖、迫力満点でした。
それから周辺では海辺に生息する変わった植物たちを見ることができました。
日本海に大きく突き出した岬なので、水平線に落ちる夕陽がとても綺麗な場所です。
またゆっくり夕陽の綺麗な時間帯に訪れてみたいと思います。
[PR]
by naturaltone | 2007-07-09 23:13 |

猿山峠からの眺め

d0113164_2334444.jpg
d0113164_23341742.jpg

門前の雪割草が生息する猿山は、能登半島の外浦にある
200mの断崖絶壁の上の山です。
猿山の標高は333m、断崖の標高は200m。
上から見下ろすとこのようにV字型に切れ込む崖になっています。
可憐な雪割草はこのような厳しい環境に群生しています。
[PR]
by naturaltone | 2007-03-18 23:42 |

海に沈む夕陽

d0113164_23573432.jpg

今日こそは!と思って海に向かって車を走らせると
太陽が海に沈む直前に、雲に隠れてしまいました。
北陸ではめったに海に沈む太陽を見ることはできません。
でも夕陽に様々な表情があるのは雲のお陰。
[PR]
by naturaltone | 2007-03-17 23:57 |