Natural*tone

<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アカウソ

d0113164_16444829.jpg

d0113164_16451410.jpg

d0113164_16453154.jpg

家の隣の桜の木に、体の色がとても綺麗な野鳥が遊びに来ました。
調べてみると「アカウソ」という名前の鳥で、日本には11月から3月頃まで
過ごしている渡り鳥のようです。もうしばらくすると北の方に帰ってしまうみたい?
黒とグレーと紅の配色がとても綺麗でした。

本当は、落ち着いて木に止まっている姿を撮りたかったんだけど
桜の蕾を夢中になって啄ばんでいたのでなかなか撮れませんでした^^
あまりの真剣さによほどお腹がすいていたんだろうなって。


d0113164_16521982.jpg口いっぱいに啄ばんでいたときに、強風が。
ポロリと口から落とした瞬間。カワイイ^^

[PR]
by naturaltone | 2007-02-28 16:54 | 生き物

エアープランツ

d0113164_187248.jpg

エアープランツとは、中央アメリカを中心にアメリカ南部や南米まで
幅広く分布している植物で、主にパイナップル科のティランジア属という
植物の通称名だそうです。

最近、園芸屋や雑貨屋でよく見かけるようになりました。
根がなくて、土のいらない、その名の通りエアーだけで育つ植物です。
水やりはたまに1分ほど水に浸してあげること、室温で簡単に育てられること、
そして姿が美しいのでとても気に入っています。

エアープランツにも色々種類があるけれど、これはフンセフォーリアという
名前のようです。
[PR]
by naturaltone | 2007-02-27 18:07 | 植物

雪割草

d0113164_186057.jpg

庭に植えていた雪割草が咲きました。
肥料が足りなかったのかな?
お花の大きさがとっても小さくて^^

雪割草は別名はミスミソウと言って、一般的な白いもののほかに
ピンクや紫がかった色のお花があります。
でも太平洋側では普通は白い色ばかりで、色々な色があるのは
日本海側の限られたところだけだそうです。

県内には全国的にも有名な雪割草の群生地があります。
先日の新聞に載っていましたが、心ない人が増えていて
荒らしたり株を持って行ったりしてしまう人がいて年々数が減って来ているそうです。
そのため、群生地では協力金を取ることにしたそうです。
当たり前のことが当たり前でなくなっていること・・。
環境を守るためには仕方のないことだろうけど、悲しいなぁ。
でも今年もまたそろそろ見頃になるので近々見に行きたいと思います。
[PR]
by naturaltone | 2007-02-26 18:14 | お花:野草

シュンラン

d0113164_1844842.jpg

シュンランが咲きました。
一般的にランのお花は熱帯植物なので冬越しは温室管理が必須ですが
それは「洋ラン」と言われるものであって、このランは日本に分布する「東洋ラン」
と言われるものらしいです。
今でも探せば早春のまだ枯れ葉ばかりで芽吹いていない雑木林で、
野生のシュンランを見つけることができるそうです。
[PR]
by naturaltone | 2007-02-25 18:04 | お花:野草

山旅一覧


d0113164_17193664.jpg奥穂高岳・涸沢岳/上高地-涸沢-奥穂高岳・涸沢岳往復
(2009.9.6~2009.9.9)
一ヶ所のテント場で、のんびりと連泊できたのは
初めてでした。台風が南風を運んできてくれたことによって
とても暖かで穏やかな時間を過ごすことができました。


d0113164_20183864.jpg槍ヶ岳/上高地-槍沢-槍ヶ岳往復
(2009.8.22~2009.8.23)
時間がなかったので一泊で槍ヶ岳へ。
真夏というのに、3,000mの尾根の上は凍えるような
とても強い風が吹いていました。陽が沈む直前、
太陽がたちまち燃え盛る炎となりました。


d0113164_10501238.jpg唐松岳/八方尾根-唐松岳往復
(2009.5.2~2009.5.3)
まだまだ真冬のような、凍えるような寒さでしたが、
北アルプスにも確実に春が近付いていました。
ダケカンバたちからたくさんのエネルギーを
分けてもらいました。


d0113164_19175497.jpg南岳・槍ヶ岳/上高地-槍沢-天狗原-南岳-槍ヶ岳-槍沢-上高地
(2008.10.11~2008.10.14)
秋色の槍・穂高連峰を求めて、南岳と槍ヶ岳へ。
冬に向かう直前の山々の風景の色の競演は、
あまりにも素晴らしくて感動の連続でした。


d0113164_10171437.jpg剱岳/馬場島-松尾平-早月尾根-剱岳往復
(2008.09.21~2008.09.23)
"試練と憧れ"といわれる剱岳。
天候には随分と悩まされましたが、素晴らしい
晴れ間に出会えて風景が一変しました。


d0113164_9444770.jpg裏剱/室堂-別山-剱沢-真砂沢-池ノ平-仙人池往復
(2008.09.09~2008.09.12)
剱沢から裏剱へと周り込む長い長い旅。
雄大な剱岳の魅力を体中で感じられると共に、
色々な意味で試練となる旅でした。


d0113164_10283653.jpg涸沢/上高地-涸沢往復
(2008.08.08~2008.08.10)
母と一緒にのんびりと夏の涸沢へ。
1年前と同じ場所に、そして同じように美しい姿で咲く
ヤマオダマキがとても可憐でした。


d0113164_10484045.jpg爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳/扇沢-種池-爺ヶ岳-冷池-鹿島槍ヶ岳往復
(2008.07.26~2008.07.27)
天気の移り変わりが激しい中での山旅でした。
稜線をふんわりとガスが包み込むことによって
美しいラインが形造られていました。


d0113164_20495140.jpg大天井岳/中房温泉-燕岳-大天井岳往復
(2008.07.01~2008.07.02)
1年のうちで最も陽が長いこの季節。
美しい雲の流れをゆっくりと時間をかけて
見ることができました。


d0113164_1825996.jpg白山/別当出合-観光新道-馬のたてがみ往復
(2008.06.15)
そろそろ高山植物が咲き始める季節になりました。
初夏に咲く、イワカガミやツガザクラに会いに
のんびりとした山歩きをしてきました。


d0113164_0112624.jpg槍平/新穂高-槍平往復
(2008.06.01)
新緑と残雪を求めて槍平まで行ってきました。
鮮やかな緑、真っ青の雪解け水、そして雪が解けた
ところからお花が咲き始めていました。


d0113164_1522680.jpg北穂高岳/上高地-涸沢-北穂高岳往復
(2008.05.03~2008.05.05)
たっぷりと残雪が残る穂高の山々が春の日差しの中
輝いていましたが、天候が一変するとあっという間に
冬山の表情になりました。


d0113164_19201448.jpg西穂独標/千石園地-西穂独標往復
(2008.03.22~2008.03.23)
北アルプスはまだまだ氷点下、真冬のように厳しい
寒さでしたが、そんな環境の中でも植物たちから
少しずつ春の訪れを感じました。


d0113164_16352663.jpg上高地/中の湯-上高地往復
(2008.02.11)
凍て付く厳冬期の上高地へ行ってきました。
早朝6時過ぎ、大正池ではまだ闇の中でした。
氷がつくり出す様々な造形美に魅せられました。


d0113164_22341137.jpg高ボッチ高原/高ボッチ高原-鉢伏山往復
(2008.01.05)
諏訪湖の上にかかる朝靄、そしてその向こうに
富士山と南アルプスの山々が浮かび上がっていました。
カラマツの樹々の霧氷が輝いていました。


d0113164_17103992.jpg医王山(白兀山)/西尾平-白兀山往復
(2007.11.23)
初雪が降ったあと、近くの低山へ。
夕陽に間に合うように急いで山頂まで登りました。
雲間からの光芒がとても美しく寒さも忘れるほどでした。


d0113164_19413215.jpg唐松岳/八方山-八方尾根-唐松岳往復
(2007.10.24~2007.10.25)
標高が上がるにつれて景色が秋から冬へと移り変わり、
山の上はもう完全に冬でした。
凍てつく寒さの中のご来光がとても綺麗でした。


d0113164_16474842.jpg槍ヶ岳/新穂高-双六-西鎌尾根-槍ヶ岳-槍平
(2007.10.05~2007.10.07)
槍ヶ岳を眺めながら、西鎌尾根を歩いてきました。
山の上は秋が深まるとともにもうすっかり冬の準備。
植物の色付きと霜化粧が綺麗でした。


d0113164_20493661.jpg奥穂高岳・前穂高岳/上高地-涸沢-奥穂高岳-前穂高岳-岳沢
(2007.08.25~2007.08.26)
2日間ともに標高差1700mを10時間かけて歩きました。
一面ガスの中、諦めたくなくて涸沢岳に登ったところ、
太陽が沈む前に一気に晴れて素晴らしい眺めでした。


d0113164_23121132.jpg蝶ヶ岳・常念岳/上高地-蝶ヶ岳-常念岳-一ノ沢
(2007.08.08~2007.08.10)
蝶ヶ岳から常念岳を結ぶ縦走ルートは、槍・穂高連峰
を眺めながらの気持ちのよい稜線歩き。可憐なお花たち、
満点の星空、天候にも恵まれました。


d0113164_23205060.jpg白馬岳/猿倉-大雪渓-山頂往復
(2007.07.24~2007.07.25)
山頂からの眺め、夕陽に輝く山々、そして日本海まで
望むことができ感動しました。天候が崩れたために
予定変更、一泊で帰ってきました。


d0113164_2358509.jpg白山/別当出合-砂防新道-山頂-観光新道
(2007.06.17)
残雪の残る白山、雪解けとともにお花が咲き始めて
いました。雪解けが進むこの時期、日々形を変えてゆく
自然の造形が美しく感じました。夏山開き間近です。


d0113164_961779.jpg上高地/大正池-明神-徳本峠往復
(2007.06.13)
朝靄の中から浮かび上がる穂高連峰、
上高地を代表するコナシのお花、神聖な明神池、
そして徳本峠まで足をのばしました。


d0113164_9131852.jpg白山/市ノ瀬-チブリ尾根避難小屋往復
(2007.05.27)
ブナ原生林の新緑の森の中で過ごしていると、
不思議と安らかな気持ちになって心が穏やかになり
とても癒されてきました。


d0113164_937873.jpg燕岳/中房温泉-合戦尾根-燕岳往復
(2007.04.29~2007.04.30)
稜線はまだまだ寒く朝の気温はマイナスでしたが、
山全体が少しずつ雪解けが始まり雪深い中にも
春を感じることができました。

[PR]
by naturaltone | 2007-02-24 20:19 | 山岳:山旅一覧

はじめまして

はじめまして、YUKIです。

写真を撮ることが好きです。
被写体の一番輝いている瞬間をおさめられますように。

自然が作り出す、自然な色合いがとても好き。
そんな綺麗な色を引き出せるように、
日々カメラと接し光を見つめたいと思っています。

このブログではファインダーを通して見たもの、感じたことを、
日々の記録として綴っていきます。

好きなもの : 写真、自然、お花、山歩き、バイク、ドライブ、デザイン
ホームページ : :: N a t u r a l * t o n e ::

(追記:2008/04/29)
ブログの更新について、今後はコメント欄を閉じる形で続けていくことにいたしました。
詳しくはこちら。ご意見、ご感想、お問い合わせはホームページに掲載のメールアドレスからお願いします。
[PR]
by naturaltone | 2007-02-24 18:10 | はじめまして