Natural*tone

<   2007年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

残雪の白山

d0113164_1630956.jpg
d0113164_16302491.jpg
d0113164_163109.jpg

先日、残雪の残る白山へ行ってきました。
「日本三名山」「お花の三名山」そして「三霊山」と呼ばれる山です。
早朝から登り始め、お昼に山頂へ。
始めは快晴でしたが、山頂に着く頃はガスが出てきて
残念ながら北アルプスを望むことはできませんでしたが、
大汝峰がとても綺麗でした。
山頂で気持ち良い空気とそしてお腹も満たされてウトウト・・。
夏山開き間近です。
[PR]
by naturaltone | 2007-06-30 16:37 | 山岳:春

大荒れの天気

d0113164_18471952.jpg

今日は朝から一日大荒れの天気でした。
窓の外の桜の木が激しく揺れて一時はまるで台風のようでした。
昨日のニュースで、
「過去の北陸の豪雨災害時の状況と非常によく似た気圧配置」
とのことでしたが、大丈夫でしたでしょうか?
土砂災害など各地で起こっていなければいいんだけど・・。
でも地球環境のためには恵みの雨。
降るべき時にしっかり降って欲しいなとも思います。
[PR]
by naturaltone | 2007-06-29 18:52 | 樹木

サンスベリア・スタッキーの芽

d0113164_12513788.jpg
d0113164_12515211.jpg

家で育てている、サンスベリア・スタッキーの新しい芽が顔を出していました。
サンスベリアには色々な種類がありますが、このスタッキーはスタイルがよく
そして他のサンスベリアよりもマイナスイオンを多く出すとのことで気に入っています。
それからよく見てみると他にも小さな芽が2つ。
植えるときに小さな株を3株、横に並べたのですが
これからどんなふうに育っていくのかな?
[PR]
by naturaltone | 2007-06-28 12:54 | 植物

池の中に広がる睡蓮たち

d0113164_23472363.jpg

池の中にびっしりと睡蓮が広がっていました。
つい2ヶ月ほど前、桜の咲く頃はまったく何もない状態だったのに・・
あまりの生命力に驚きました。
[PR]
by naturaltone | 2007-06-27 23:49 | お花:一般

雨の中の睡蓮

d0113164_051090.jpg
d0113164_052320.jpg

雨の中、睡蓮が咲き始めていました。
池の中で静かに漂う睡蓮たち。
お花も葉も、涼しげでした。
[PR]
by naturaltone | 2007-06-26 23:50 | お花:一般

雨上がりの花菖蒲

d0113164_22562729.jpg
d0113164_22563857.jpg
d0113164_22565096.jpg

雨上がりにマクロレンズ1本を持って近くの花菖蒲園へ。
6月のお花なので水滴がよく似合うお花、しっとりととても綺麗でした。
[PR]
by naturaltone | 2007-06-25 23:00 | お花:一般

河童橋からの眺め

d0113164_18231647.jpg
d0113164_18233571.jpg
d0113164_18234963.jpg

上高地最後の写真は、定番の河童橋からの眺めです。
河童橋は上高地の中心部にあり橋の上からの穂高と焼岳、梓川の展望が素晴らしくて
時間がなくてもいつも立ち寄ってしまいます。
この日も多くの人が行き交い、それぞれ上高地を楽しんでいるようでした。
[PR]
by naturaltone | 2007-06-24 18:27 | 山岳:春

穂高神社奥宮と明神池

d0113164_21248.jpg
d0113164_211645.jpg
d0113164_212556.jpg

穂高神社の奥宮は上高地から1時間ほど歩いたところの明神池の近くに、
そして嶺宮は北アルプスの主峰、奥穂高岳の頂上に祀られているそうです。
明神池はとても幻想的で、透明度が高く水面に映えた景色も美しくて
神聖な場所、四季折々の姿を見てみたいと思いました。
[PR]
by naturaltone | 2007-06-23 23:48 | 山岳:春

光輝く蜘蛛の巣

d0113164_23432896.jpg
d0113164_23434333.jpg

蜘蛛の巣が朝陽に当たって光輝いていました。
とても複雑な構造の不思議な形の蜘蛛の巣、どんな蜘蛛が持ち主なのかな?
あちこち探してみましたが見当たらなくて残念でした。
[PR]
by naturaltone | 2007-06-22 23:53 | 生き物

昔ながらの徳本峠小屋

d0113164_225953100.jpg
d0113164_2302641.jpg
d0113164_2305014.jpg
d0113164_231668.jpg

明神から時間があったので徳本(とくごう)峠まで登ってきました。
標高2,135mまで標高600mほどの登りで、峠の展望台からは西穂高から奥穂、前穂と
これまで見上げていた穂高連峰が目の前の高さに見えるほどになりました。
峠には昔ながらの山小屋があり、せっかくなのでご挨拶と思ってのぞいてみると
ご主人が気持ちよさそうに居眠り中でした。小屋にはご主人の手書き(なのかな?)の
山の案内版があり手作りのあたたかい山小屋という感じがしました。
この展望台からの山並みはご来光の時間、朝陽に当たって綺麗そうなので
いつかゆっくりと訪れてみたいと思います。
[PR]
by naturaltone | 2007-06-21 23:11 | 山岳:春