人気ブログランキング |

Natural*tone

<   2007年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

海に浮かぶ奇岩たち

d0113164_2347198.jpg
d0113164_23473014.jpg

海の中に変わった形の岩のオブジェがありました。
どのようにしてこのような形の岩が作られていったのでしょう?
もともとは手前の岩と繋がっていたのかな?
それからこの岩を形作っている土に、植物が生息していました。
よく見るとお花が咲いているみたい・・・?
by naturaltone | 2007-07-11 23:50 |

海を見下ろす松の樹

d0113164_23534232.jpg
d0113164_23535376.jpg

海を見下ろす2本の松の樹を見つけました。
そのうちの1本の幹の形がとても変わっていて、
先端が落雷などで折られたのでしょうか?
それでも海からの強風の吹く中、頑張って生き続けているのだと思うと
この場所に来るたびについ撮りたくなる樹になりそうです。
by naturaltone | 2007-07-10 23:58 | 樹木

日本海に大きく突き出した加佐岬

d0113164_2381649.jpg
d0113164_238289.jpg

加賀の加佐岬へ行ってきました。
近くの東尋坊とはまた違った雰囲気の岩盤で、岩の質が違うためかやわらかい
イメージがあります。でも足元を見下ろすと切り立った崖、迫力満点でした。
それから周辺では海辺に生息する変わった植物たちを見ることができました。
日本海に大きく突き出した岬なので、水平線に落ちる夕陽がとても綺麗な場所です。
またゆっくり夕陽の綺麗な時間帯に訪れてみたいと思います。
by naturaltone | 2007-07-09 23:13 |

エアープランツ ウスネオイデス

d0113164_21351468.jpg
d0113164_21352646.jpg

エアープランツには色々な種類がありますが、
このウスネオイデスの個性的な姿が一番好きです。
手に触れると柔らかく、よく見ると多くの細かい毛で覆われています。
これからどんなお花が咲くのか楽しみです。
エアープランツは南米で広く分布し、空気中から水分や養分を吸収します。
でも、原産地では箱詰めしたときの隙間を埋めるパッキング剤として
使われているとのこと、驚きました。
by naturaltone | 2007-07-08 21:45 | 植物

目盛りの付いたモノサシトンボ

d0113164_2211344.jpg

体の色が爽やかなブルーでスタイルの良い綺麗なトンボを見つけました。
体長の割りに目が大きくて愛らしい表情をしています。
調べてみると、「モノサシトンボ」のオスのようです。
(「昆虫エクスプローラ」より)
体の節が目盛りのようなのでこの名前が付いたそうです。
始めは飛び回ってばかりで落ち着かなかったのですが
のんびり眺めていると目の前で休憩、ゆっくり撮らせてもらえました。
by naturaltone | 2007-07-07 22:17 | 生き物

ギンリョウソウに会うことができました!

妖(あやかし)
d0113164_22561064.jpg

「白金の森から」のrera-pilikaさんのところで拝見した「ギンリョウソウ」というこのお花、
聞いたことはあるけれどまだ一度も出会ったことがなくて見てみたいと思っていた矢先に
ササユリとともに発見しました!
このお花、湿り気のある腐植土の上に生える腐生植物だそうです。
根以外は全て白色なので、葉緑素を持たないために光合成を行うことができないという
とても変わったお花。独特の美しさに魅せられました。
by naturaltone | 2007-07-06 23:04 | お花:野草

清楚なササユリ

d0113164_2246246.jpg

雨上がりに近くの森へササユリに会いに行ってきました。
スラリと背が高く、清楚な姿がとても好きです。
強い雨風の中、ほとんどが傷んでしまっていましたが
一輪だけ綺麗なお花を見つけることができました。
by naturaltone | 2007-07-05 22:49 | お花:一般

雪解けとともに咲くお花たち

d0113164_18145923.jpg

d0113164_18151130.jpg

残雪が解けたところから次々と花開く高山植物たち。
厳しい環境の中でも強く逞しく生きる小さなお花たちにとても惹かれます。
1枚目は「ガンコウラン」。落石の起こりそうな岩壁の隙間から顔を出していました。
2枚目は「コイワカガミ」。夏のお花ですが既にかなり多くのお花が群生していました。
by naturaltone | 2007-07-04 18:22 | お花:高山植物

いつも撮りたくなる枯木

d0113164_21493775.jpg

尾根の上に立っている、堂々とした枯木。
いつもこの場所に来ると気付いたらレンズを向けています。
とても存在感があって、この場所にいるただそれだけで
素敵なオブジェになっています。
右のほうに小さく見えるのは非難小屋です。
by naturaltone | 2007-07-03 21:53 | 山岳:春

可憐なツツジ科のお花たち

d0113164_2358509.jpg
d0113164_2359946.jpg
d0113164_235927100.jpg

3枚ともツツジ科のお花ですが、とてもよく似ているけれどそれぞれ
全く標高の異なったところに咲いていました。
1枚目の「ツガザクラ」は標高2,000m付近の尾根上の岩陰に。
2枚目の「コメバツガザクラ」は標高2,700mの山頂直下の砂礫地に。
3枚目の「イワハゼ」はもう登山口近くまで降りてきた1,300m付近の樹林帯に。
どのお花も小さくて釣鐘形と言われるけれど鈴がぶら下がっているような、
とても可憐なお花たちでした。
by naturaltone | 2007-07-02 23:55 | お花:高山植物